人の生き死にについて考える

最近はめっきり酒に弱くなり、
忍び寄る老いを、

感じている並河です

ママ友ちゃんと、
新大阪にある美々卯に、

行ってきました 今日は心に残っている、
テレビ番組を、

ご紹介したいと思う。
ザ・ノンフィクション

フジテレビ系列の番組だけど、
関西では放映されていない。

私は動画サイトで、
この番組を知った。

芸能人ではなく、一般人に、
密着する番組である。

一般人だけど、普通より、
少し変わった人に密着する。

ホームレスだったり、
オカマとオナベの夫婦だったり、

東京に就職した、
沖縄の高校生だったり…

ゴールを決めずに、
撮影を始めて、

8年くらい経って、
そろそろ放映しようかと、

流したり…
時に、その番組は、
壮大な物語になっていたりする。

けれど、そこに脚色も、
おまけも何もない。

ありのままの、
人間の人生があるだけだ。

私が特に心に残っているのは、
特殊清掃人に密着した回だ。

病気や自殺で孤独死した、
アパートなどを掃除するのが、

特殊清掃人。

孤独死が教えてくれた事

死後、何日も経った部屋は、
汚物やゴミで、

ガスマスクがないと入れない。
特殊清掃人の高江洲さんは、

初めての現場に立って、
しばらくは、

ご飯が食べれなかったそうだ。

高江洲さんいわく、
「死んだ部屋を見たら、

故人がどんな人生を、
生きたかがわかる」そうだ。

自殺した人に、
共通するのは、

友達がいない事。美々卯の隣にある、
コウハクのおでん

その時に…
私たちは友達に、

愚痴をこぼす事によって、
苦しみを、

軽くしてるのではないか?
と思った。茶碗蒸し

ともすれば私たちは、
本人がいない場所で、

人の悪口を言うのは、
ダメな事じゃないか?

と思うし、
全てを人のせいにして、

一切、反省しないのは、
アカンと思うけど…

人に話す事で、
何ひとつ解決していなくても、

心が軽くなり、
また翌日から頑張れるのかな…?

人の生き死に触れる事で、

人生を考える機会に、
恵まれた、秋の夜長…

これからも、いっぱい愚痴を、
こぼしてやる並河を見かけたら、
愚痴こぼしてくれていいでぇ

明日、休みます

大阪食べ歩き ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ 大阪食べ歩きへ
にほんブログ村

最後まで読んでくれた人は、

大阪食べ歩きのポチを(2個とも)
押してねー

お陰で1位に、
返り咲いたよ

ありがとーやでー

↑楽天と↓アマゾンです。

欲しいモノは、ここから検索して、
買ってね

 

大阪マイナスイオン治療院

空席確認・予約

〒532-0023大阪市淀川区十三東3-28-7
ラフォンテ十三806号室 map

電話番号:09084495029

スマホは数字をタッチしたら
電話がかかります

メールはこちら↓

[

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です